人と人とのつながりが希薄になっていく昨今ですが、
事業を通して人と人が理解を深め、相手を思いやり、
三方好しの精神で人間関係を構築できる人材を
育成していきたいと思っています。
他人の為に生きる事こそが
ひいては自分の為になると信じています。
ナカニは伝統的なモノ作りを通して
その様な優しくて強い人を
育成していくことを経営理念とします。

ご挨拶

染工場㈱ナカニ代表の中尾雄二です。
二〇一六年に創業五十周年を迎えました。
世の中が変わる度に求められる商品も変わり、
染色方法の特長よりも価格の競争という渦の中、
お得意先様からは『手ぬぐいなんて駄目になる。』と
言われる事が多くありました。
職人も育てられず近い将来廃業せざるを得ない様な状況の中、
手ぬぐいの魅力を沢山聞かせて頂く機会があり
『本当に手ぬぐいは駄目なのか?手ぬぐいの事を伝えるべく
精一杯手を尽くしてみよう』。そう覚悟を決めました。
小さな町工場で何をどうすればいいのか分らずにいましたが
覚悟を決めた途端、素敵なご縁を沢山頂くことが出来、
皆さまに助けて頂きながら二〇〇八年に注染手ぬぐい専門のブランド
『にじゆら』を立ち上げる事が出来ました。
『手ぬぐいなんて駄目だ』。と言われる事しかなかった私にとって
最近は『手ぬぐいがとても好きで生活に無くてはなりません。』との
お声を頂戴する事が何より嬉しく『人が喜んで下さる事が
自分にとって幸せな事だ。』と深く思うようになりました。
これからもモノ作りを通して『優しくて強い人』へと
成長していける会社でありたいと思います。
手ぬぐいと共に次の五十年もその思いを繋いでいきます。